FC2ブログ

藍ベーなブログ

小さな自分史になりつつある。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ザオリクは勘弁してちょ・24

てっきり、敵側の魔法で魂を取られたと思ったら、
OPが追悼通夜→火葬場面に
原作にそんな雰囲気は1コマもなかったぞ。
(戦いの雰囲気こそあれど、死への雰囲気はなかった)
本当に死亡のまま終わるんだろうな?
ネギが末期のアルに近づいてて嫌だ。
師匠のエヴァンジェに「そんなのあるわけねえだろ」と言われてでホッとしたが。
一方で、照れ屋とその友人がネギをめぐって修羅場に。
ボディーガードの退学?もショックだ。
ネギもボディガードも悪くないのに、自分を責めないでちょ。

最終版OPになってアスナがOPに参加らしいが、
どーみてもザオリクしますよって言ったようなもんですのでザオリクは勘弁してほしい。
クロノトリガーみたいに死ぬ時間に遡って身代わり人形を置く作戦でも嫌だね。

ヤマト3
OPが通常と違ってるね。
JINKIと時間が被ったので大変でした。
今回は宿敵デスラーが協力してたんでビックリコナミ。
ED前に「82年夏に完結します」とあるんでちょっと気になったけれど、
コミックGOTTAに連載されてた新ヤマトの悪夢を思い出しちゃった。
スポンサーサイト



| 感想 | 16:20 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

死の軽い捕らえ方

私は単純に死でお涙頂戴な話ってのが嫌いです。………
戦争話はもっと沢山死ぬって仰ってましたが、それは違います。死が必然であるから、主題が死ではない………
アスナさんは確かに戻ってきて欲しくない。そんな軽く死を扱ってほしくないとおもいますね。
川西さんは何故ザオリク、身代わりが嫌だとお思いですか?その辺も聞きたい(^^

| とめ3 | 2005/06/17 11:41 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://weaponia.blog5.fc2.com/tb.php/391-17a9b955

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT