藍ベーなブログ

小さな自分史になりつつある。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アルジャーノンに花束を読了

限りなくバッドに近いビターエンド。
というか絶対年を越せずに施設で亡くなったと思う。
6歳と変わんない32歳が書いた経過報告という形式でした。
賢くなりたかっただけなのに、幸せになれなかったばかりか数ヶ月で奪われてしまう。
それでも彼なりに足掻いて向き合ったからビターエンドっぽく終わっているだけに過ぎない。
父以外は誰も理解してなかった気がする。
アルジャーノンの死を知った時や手術前の自分を人間扱いしなかった研究者達への怒りに関しては手術前でもそうしたと思う。
私はこの作品を電子書籍化してほしいと思った。
(原著は既になってるかも)

いちじく味のおからクッキー=お勧め
抹茶コロン=まあまあ
スポンサーサイト

| 感想 | 20:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://weaponia.blog5.fc2.com/tb.php/3700-3ba675a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT